Richard D. Jamesに関する覚書

序文

Aphex Twinの名で最も知られるRichard D. James(1971年8月18日〜)は,イングランド南西部の州コーンウォール出身の作曲家である。

略歴

地元でAphex Twinの名義でDJをしていた彼は,1991年にTVT RecordsからAFX名義でEP盤“Analogue Bubblebath”でデビュー。以後,R&S RecordsやWarp Recordsなどから,異なる名義で数多のリリースを重ねている。初期のAphex Twin名義のリリースはアンビエント寄りのものであったが,後にドリルンベース(ドラムンベースの一種)やアシッド・ハウス寄りの作風も披露しており,その天才的なワークから“テクノ界のモーツァルト”とも称される。

また,Grant Wilson-Claridgeと自身のレーベルRephlex Recordsを設立,人材の発掘にも優れた才能を発揮し,様々なアーティストをRephlexからデビューさせた。とりわけ有名なのは彼の私的な友人でもあったLuke Vibert,共同制作のアルバムを発表したμ-Ziq,そして自らがライナーノーツを手がけたSquarepusherのいわゆる“コーンウォール一派”である。

名義

Richard D. Jamesの現在確認されている全名義は以下の通り:

あまり知られていない情報

アルバム“Selected Ambient Works Volume Ⅱ”の曲目

CD LP 曲名 時間 ノート
1-01 A-1 [Cliffs] 07:21
1-02 A-2 [Radiator] 06:27
1-03 A-3 [Rhubarb] 07:44
1-04 [Hankie] 04:31 Warp RecordsのUK盤のみ収録。
1-05 B-1 [Grass] 08:51
1-06 B-2 [Mould] 03:27
1-07 B-3 [Ropes] 08:42 以前のトラック名は“[Curtains]”だった。
1-08 B-4 [Blur] 05:02
1-09 C-1 [Weathered Stone] 06:45
1-10 C-2 [Tree] 09:48
1-11 C-3 [Domino] 07:09
1-12 C-4 [White Blur 1] 02:37
2-01 D-1 Blue Calx 07:16
2-02 D-2 [Parallel Stripes] 07:55
2-03 D-3 [Shiny Metal Rods] 05:29
2-04 D-4 [Grey Stripe] 04:38
2-05 D-5 [Z Twig] 02:01
2-06 E-1 [Windowsill] 07:13
E-2 [Stone in Focus] 10:05 Limited EditionのVinyl盤のみ収録。以前のトラック名は“#19”だった。
2-07 E-3 [Hexagon] 05:50
2-08 E-4 [Lichen] 04:07
2-09 F-1 [Spots] 07:03
2-10 F-2 [Tassels] 07:24
2-11 F-3 [White Blur 2] 11:21
2-12 F-4 [Matchsticks] 05:36

そのほか雑多な情報

参考文献