Windowsティプス

「辞書ツール」のショートカット

imjpdct.exeコマンドに-tオプションを付けて開くと「辞書ツール」が開く:

C:\WINDOWS\ime\IMJP8_1\imjpdct.exe -t

コマンド・プロンプトの条件付き処理記号

条件付き処理記号を使うと,単一のコマンド・ラインまたはスクリプトから複数のコマンドを実行できる:

cd C:\WINDOWS & dir

この例では,C:\WINDOWSディレクトリに移動したあと,dirコマンドを実行する。

条件付き処理記号には,次のものがある:

&
条件付き処理記号の前にあるコマンドが実行された後に,後ろにあるコマンドを実行する。
&&
条件付き処理記号の前にあるコマンドが成功した場合(コマンドから返される終了コードが0の場合)にのみ,後ろにあるコマンドを実行する。
||
条件付き処理記号の前にあるコマンドが失敗した場合(コマンドから返される終了コードが0よりも大きい場合)にのみ,後ろにあるコマンドを実行する。

括弧を使って複数のコマンドをまとめたり,ネストすることもできる。

例えば次のように使用することができる:

A & B
Aコマンドが実行された後に,Bコマンドを実行する。
A && B
Aコマンドが成功した場合にのみ,Bコマンドを実行する。
A || B
Aコマンドが失敗した場合にのみ,Bコマンドを実行する。
(A || B) && C
AコマンドかBコマンドが成功した場合にのみ,Cコマンドを実行する。

英語版Windowsで日本語を使う

英語版のWindows 95/98/98SE/ME/NT 4.0で日本語入力を行うには,Microsoft Global IMEの“Japanese-with Language Pack”をインストールする。

Windows 2000/XPでは,Start Menu→Settings→Control Panel→Regional Options→Input Localesタブを辿り,Installed input localesにあるAddボタンを押してJapaneseを追加する。次にInput LanguageのJapaneseを選択し,Set As Defaultボタンを押す。さらにGeneralタブのLanguage Setting for the Systemにある言語リストからJapaneseを選択,Set defaultボタンを押す。最後にApplyボタンを押し,一旦再起動することで日本語が扱えるようになる。

またWindows 2000/XPの場合,OSをインストールする際にWINNT.SIFファイルに:

[RegionalSettings]
LanguageGroup=7
Language="0411"

を追記して無人インストールすれば,上記の設定が不要になる。